古い空き家の解体工事でしたが、梅雨前に完了して台風の影響を受けずにすみました

過去に実家の解体工事を考えた時は、台風が多い地域ということもあり、いつ決行するのかということが大きな問題になりました。依頼した時期が春先でしたが、できれば梅雨の時期と夏のシーズンを避けて欲しいというニーズを持っていました。台風シーズンが訪れたら、家屋の損害状況は大きくなり、ご近所さんの心配も増すからです。
一刻も早く解体して更地に戻してもらわないと周辺住民の家への被害が予想されるという事情がありました。依頼先に個人的な都合を告げたところ、梅雨が訪れる前に工事を決行してしまおうという提案で、台風、大雨シーズンの前に解体は完了したのです。そして綺麗に危険物を残すこともない更地にすることができました。
(女性・30代)