増築した箇所を解体し維持費を抑えることに成功

以前家族が増えたために増築した部屋が2つほどあるのですが、家族の一人が一人暮らしを始めたりしたために使っていない状況が続いていました。その部屋をそのままにしておくのも良いですが、長期的に考えて家は大きいほど維持費がかかります。せっかくの持ち家なのでランニングコストを少しでも抑えたいと思い、夫婦の記念日に不要な部屋の解体工事を行うことにしました。依頼した解体業者さんは地元の業者さんで、とてもフランクに話を聞いてくださりました。大手の解体業者さんも利用したことがあるのですが、地元の業者さんもそれはそれで親身になって相談に乗ってくださるので良いですね。ランニングコスト抑制にも成功し大変満足しています。
(男性・20代)