始めての解体工事でしたが、安心して速やかにやっていただけました。

結婚を機に、引っ越す前に住んでいた前の貸していた家を解体していただきました、
解体も含め新築の件も知り合いの工務店に全部一式依頼しました、
解体した家は通常「トンカチ」と呼ばれるしくみになっており、公道には面していない家でしたが、
表の家の方にも迷惑をかけず、丁寧かつ敏速にそんなにうるさくなく速やかに終わらした感じでした。
13ねん程住んで、しばらく別の家に8年程住んで、その家を新築に建て替えるため、
また再び懐かしい昔の家に半年ばかし住みましたが、新築ができた後、また引っ越して、
その家は再び貸家にしました、そして、私が36歳になった時を期に解体して新築にしたわけです。
出たり入ったりした家でしたが、一時1年ばかし大学の時に独りで住んだ事もありました、
築約40年の家は思い出が沢山あった家でしたが、新築を作る事のが大変で解体の事はそんなに寂しい感じはしませんでした。
もう一軒の方も解体しましたが、5年しか住んでいない前の家で、なにもノスタルジックな物もかんじませんでした。
一瞬、そう感じますが、新築の事の設計などの方が重要で解体の方は、解体屋さんにおまかせで我々はただ遠くで見ているだけでした。
あれから22年経ちましたが、前の解体する家の映像は春・夏・秋・冬・そして、新築と映像に残しています。
この家もいつかは解体するのでしょう。
しかし、今住んでいる前に建つアパートは築55年にもなりますがそのままで、地震がきたら自動解体するので危ない気がします。
話しが他の家になりましたが、解体は一瞬うるさいですが、知らぬ間に終わってしまう不思議な現象だなと思いました。
(男性・50代以降)