解体工事が無事終了し,滅失登記申請しました

誰も済まなくなった家の解体工事を行いました。まず,家の中の物の分別,整理を業者の方に行ってもらいました。その業者さんの紹介で解体業者さんを決めました。当初の解体見積もりが,こちらの予算をオーバーしていたので,交渉して予算内にしてもらいました。かなり古い木造住宅だったので解体自体はわりと早く終わりましたが,解体前の家の中にある物の搬出,解体前後でゴミとなった物の分別,搬出それと植木の伐採,搬出,その後の地ならしなどに時間がかかりました。工事終了後の滅失登記申請は,こちらで行いましたが,業者さんからの工事終了時の書類に印鑑証明が添付されていなかったので,後日取り寄せました。滅失の申請は,司法書士事務所に依頼して行ってもらうものと思っていましたが,ネットで申請方法や個人でも申請できることを知り,自分で行いました。費用的にも安く済みました。
(男性・50代以降)